ライトノベルに関する覚書

ライトノベルにまつわるエントリを続けて二本投下したが、ここは批評系合同誌のような対象読者層が想定された場ではなく、もう少し軽い文章も載せていったほうがいいだろうとふと思い立ったので、先のエントリの論点を簡単に要約しておきたいと思う。

(1) 『このライトノベルがすごい!2013』のDTPデザインの話 2012年11月27日

(1)では具体的を挙げて1冊のムック本に関する批判点を指摘したが、僕が問題意識として考えているのはもう少し射程の広い話である。いま巷で流通している「ライトノベル」について、具体的な定義付け及び超越的な視点からの充分な総括が不足していることを(1)では述べた。さらに、この媒体の性質はどうやら商業的な要請からレッテル貼りとして流通した呼称でありそうなことが、(1)の結論によってみえてきた。売り手(≠作者)が売場の都合上一括りに展開するために「ライトノベル」のような分類が必要であっただけで、いわばその一つのレッテルが好意的に受容された結果、物語の書き手及びその刊行者が模倣によって先の土壌に合わせて物語を供給し始めたと考えたほうが自然だ。それによって「規範」にそぐわない作品は自然に淘汰され、読者の選好は必然的に保守化していく。もとよりこれは一定の需要層に売るための分類なのであって、「物語の類型」の分類ではないのである。それゆえに先の観点からではなく、共通する土壌から醸成されたディスコース(言説/記述)の表現手法に着目してライトノベルを解題したメイナード(2012)の先見性は注目に値する。つまり、定義するべきは「ライトノベル」というジャンルではなく、それを受容する「ライトノベル読者」の性質についてなのである。

(2) 「脱=ライトノベル読者」宣言 序説 2012年11月29日

そのような問題提起を、(2)では理念的に行った。メイナードの「ライトノベル読者」の基礎付けに延長線をひいて、特にバウマン(2001)のリキッド・モダニティ概念から僕なりにラノベ読みの生態を読み取らせて頂いた。バウマンが面白いのはやはりポストモダニティの意味で「リキッド・モダニティ」という語彙を用いている点である。いわゆる「ポストモダン」概念の性質をごくごく簡単に述べると、要するに「突然降って現れた」潮流転換である。それこそ突然の近代の退潮と、新しい大衆文化の基礎付けがリオタールの功績であり、日本においては東の仕事だったものである。しかしこれらは文字通り命脈の「断絶」である。そこをバウマンは近代の形状変化、というレトリックを用いて連続性で捉えている。バウマンの見方が優れているのは、現実の経済事象との紐付けを想定している点である。念のため述べると『リキッド・モダニティ―液状化する社会』(2001)の中でその点について踏み込んだ分析をしているわけではない。であるが「重い資本主義」と「軽い資本主義」のレトリックは要するに、リオタールの述べたような新潮流が「突然降って現れた」のではなく、現実の社会の経済構造の変化によって必然的に現れた、われわれ〈大衆〉の生の変化であることを述べているのだ。その転換点を僕なりのごくごく狭い知識の範囲で(2)で考察させて貰った(リベラリズムの文脈から捉えられるそれらの潮流転換として、具体的な統計資料を用いた詳細な分析はハーヴェイ(2007)の仕事を参照されたい)。つまりは「ライトノベル読者」というのは、その中で徴候的に現れる〈大衆〉像を追うことで理解されるものとここでは考える。その上で僕が私的に「面白い小説」と巡りあうためには何が必要かと考えた結果が、「ライトノベル」という包括的な枠組への認識を個人の選好から除外せよ、という結論だった。

「ライトノベル読者」というのはまさしく、自分でライトノベルを読んでいるのではなく、むしろ「ライトノベル」のほうから「規範的な物語」を読まされているのである。であるから僕は「ライトノベル読者」を脱する、とわざわざ明文化して書いたのだ。「ライトノベル」の小説ではなく、一冊の小説を”それとして”〈読む〉ということ……。リキッド・モダニティにおける「個人」という主体が消費行動に実存を求めるという構造が存在する以上「ライトノベル」という名のバベルの塔は各人を魅了し続けるであろう。しかしその団結はいずれ崩れ去る運命にあるのである。「ライトノベル」という実像を持たない全体に気をとられている場合ではない。「規範」による〈物語〉の淘汰はもう既に始まっている。われわれは、個人が各々の確固たる「洞察」をもって「一冊の小説」に当たって行かなければ、バベルの塔の崩壊を食い止めることはできないであろう。

【読書案内】

広告