中島哲也「渇き。」

「フィルムの特質を監督個人名に帰することは出来ないにしても、「中島哲也」という名前を想起することで何らかの知見は得られることと存じます。「観客」という視座からみて監督の銘がその見方に何ら影響を与えないということもまたあり得ない。本作について述べたいことは、端的に云うと「橋本愛さんを愛でる映画」だということです。厳正なるオーディションの下発掘された小松菜奈演じる加奈子、というシンボライズされた「物語の目的」要素よりも、ぼんやりと画面に映る加奈子の同級生・森下こと橋本愛さんの存在感が勝ってしまう。このときわたくしの脳裏をよぎるのは、今画面に映っている被写体が加奈子の同級生森下ではなく、「橋本愛さん」にほかならないということ。同様に役所広司が「役所広司」に、妻夫木聡が「妻夫木聡」にしか見えなくなる瞬間があって、画面の表層をなぞる自らの視線に、脱-物語的な、フェティッシュな映像の断片を愛でる瞬間を感じるのです。長回しを極端に忌避し、ぶつ切りショットが連続的な意味を成さないよう周到に配置されたフィルムを前にして、思考は「意味される物語」よりも、即物的で意外な断片の予期せぬ繋がりに興奮を覚えてしまう。わたくしにとって物語を離れて「役者個人」を意識してしまう瞬間、すなわち画面構成をアップショットに耐える役者の「顔」に頼らざるを得ないナラティブの拘束の弱さは、端的に言って邦画の弱点だったのでございますが、中島哲也の『渇き。』はむしろその質感を最大限に引き出してストイックに偏愛するフィルムだった、と言表することが出来るでしょう。この際本作のパズル的構成の妙は語りますまい。「藤島刑事」と「ボク」の物語の複線的同時進行を支えるクロスカッティングや、その連想を裏切り物語時間を隔てる悪友那美の死という規定事実、そして藤島を打つ雨水吹き溜まる路面から顔出すボクの〈水〉の主題系の演出――を指摘した所で何になるというのですか。「始点と終点」が明朗であればそれで宜しい。大事なのは「それであること」ではなく、自明でありながら尚フィルムをこのようにつなぐと「同時的にみえる」ということ、規定事実を裏切る連想の更新、そして「意外性」なのです。これら注意をそらす契機の何たる多きことか。「橋本愛さん」の前髪の真っ直ぐさに潔癖症じみた妄執を感じ、迸るスタンガンの閃光に思わず加奈子の表象を失念して目の前の「橋本愛さん」に虐待されたいと念ず。このとき、画面を占めるのは「橋本愛さん以上でも以下でも」ありますまい。「橋本愛さん」の圧倒的強度を前にした時、こみ上げてくる笑み。『渇き。』はゲラゲラ笑いながら観るのが好ましい映画だと、そのように感じた次第です」

映画『渇き。』公式サイト http://kawaki.gaga.ne.jp/ 2014年8月11日閲覧

広告